人の無意識の中に需要を求めた作家たち。

「シュールレアリスム(超実情ポリシー)」は俺に大きな結末を与えた第二後者大戦頃に、パリを中心に起こったアクションだ。人の心的、とにかく無我といわれる範囲に大きな望みを見出そうというしました。そこに人のパーソナリティーや人道的な真新しい本領を見出そうといったしました。目下ついつい思い起こした画家がある。取り敢えずシュールレアリスムの画家だ。イブ=タンギーだ。彼の身上は独特です。彼は長期間船員として各国をめぐっていました。どういうきっかけでイラストレーションを描くようになったのかは分かりません。彼のイラストレーションは一目で彼のイラストレーションだとうなづける個性的で独特なものです。海底に静かに存在する石という物。外面はツルツルしているかのようです。その散らばった物をつなぐといった糸のようなものが描かれてある。密やかが支配しているかのようです。「美貌は癲癇的ものである」という発言したこういう美術アクションの元締めの触れ込みとは裏腹に、密やかだ。彼の思い込みはどこから加わるのでしょうか。飽くまで個人的な狙いですが「海」からだという気がするのです。海は荒れます。時には凪があります。彼のイラストレーションは海面がどうしてあろうと海底の静けさをイメージしているように思えます。好きな画家のセルフだ。シュールレアリスムの元締めです詩人、アンドレ=ブルトンは「通下器物」の中でこのようなことを述べてある。アウトラインだ。シュールレアリスムは、酷く防止やる数ある各国、つまり配慮のある始末って眠っている始末、外部における実情といった心的における実情、理性的始末といったそうでない始末、さめた受け止めユーザーといった愛情、くらしをする結果だけのくらしとそれらをぶち壊す実情、こうした状態に防止やる数々の世界のあいだに「一本の導きの糸」を投げかける、それ以上のことを試みたことはない、ってみなされることを俺は願っているといった。奴らの美術アクションは第二後者各国大戦の渦中に拡がりを見せました。しかもナチスは奴らのせりふを「退廃美術」と呼び、作品も、シュールレアリストたちをも制約しようとしたのです。奴らは非人道的な実情について、人間の無意識に目途を見出したのです。その意味で悲惨現実の中におる「自分」の可能性を信じたのだと思います。http://www.cdaa4u.org/